亜鉛摂取量の目安

毎日の亜鉛摂取量の目安について

毎日の亜鉛摂取量の目安について紹介しています。

 

亜鉛は身体を作る大切な必須アミノ酸です。どんなに身体に良いと言われている亜鉛でも摂取量を間違えてしまうと効果が半減どころか副作用が出てしまう可能性があります。特に亜鉛は摂取量の目安をきちんと把握せずに、大量に飲んでしまったりすると胃のむかつきや下痢、頭痛などの典型的な亜鉛中毒の症状が出てきてしまうのです。それでも大量摂取し続けると肝機能障害など重篤な症状を引き起こす可能性があるので、たかがサプリメントだと侮らず必ず目安量を守るようにしたいものです。

 

亜鉛の毎日の摂取量の目安は成人男性で1日10mgです。70代以降になると亜鉛摂取量の目安は少し落ちて9mgになりますので気をつけましょう。また女性の亜鉛摂取量の目安としては男性より少なく8mgです。70歳以降になると7mgとなります。これはあくまでも目安なので、その人によってはこの量よりも少し多くても問題が起きない場合もあります。サプリでは15mgのものが多く販売されているようです。ですから目安よりも多いということになりますが、この量では亜鉛中毒が起きる心配は無いようです。

 

やはり1日に17mgを超える量を毎日摂取していると、副作用の確率が急増してきますので気をつけましょう。亜鉛は育毛やアンチエイジングなど様々なメリットのあるサプリですが、飲み方を間違えると副作用につながりやすいサプリでもあるのでくれぐれも過剰摂取には気をつける必要があります。

 

 

【亜鉛サプリのおすすめランキング】はコチラ

 

page top